【体質改善】冬は「痩せ体質」をめざす最強シーズン

冬になると太りやすくなる、そう感じている方は多いのではないでしょうか
特に今年は外出を控え、おこもり期間が長かったため、体重やボディラインが気なる方も多いのでは?

でも冬もそのまま過ごすのは、体質改善にとってもったいない話。
実は冬は1年の中で最も代謝を上げやすい季節。
この時期にしっかり代謝を上げて痩せ体質をつくりましょう。

 

冬に代謝アップ、瘦せやすくなるわけ

 

外気の温度がどんどん下がっていく冬。
寒さを感じると、からだは体温を維持し、からだを冷えから守ろうとします。
そのためにからだが熱を作り出そうとするため、暑い時期よりもカロリーが消費され、代謝が上がります。
外が寒い方が、自分自身で熱を作ろうとする力が働いて、代謝が上がり痩せやすくなります。

「褐色脂肪細胞」を知っていますか?
褐色脂肪細胞は、からだの中でエネルギーを消費して体温を上げる役割をしている細胞です。
この褐色脂肪細胞の働きには個人差があり、しっかり働いているとエネルギーを体熱に変えることができるので
からだも冷えにくく、太りにくくなります
逆に働きが悪ければ、エネルギーを体に脂肪と蓄積し、さらに冷えやすい体になるのです。
この褐色脂肪細胞は温度差によって刺激を与えると活発に働くことがわかっています。
冬の寒い時期に、褐色脂肪細胞を活性化することで脂肪を燃焼しやすい体に改善することができます。

 

冬の代謝アップのポイント

 

冬は代謝が上がりやすいのですが、寒さから家にこもって活動量が減りがちな時期でもあります。
動かずにじっとしていると、からだはエネルギーを消費することなくため込んでしまうため太りやすくなってしまいます。

そのため必要なのは、まめにからだを動かすこと。
外に出て「寒い!」と感じた時にからだは熱をつくりはじめるので、散歩などで
外気の気温をしっかり感じることが大事です。

また自宅ではヨガやラジオ体操などで大きく呼吸をしながら体を動かすことで内臓を動かし、
熱を作る効率をアップすることができます。

効率よく代謝をアップするためには、褐色脂肪細胞の働きを活性化させることが大事です。
褐色脂肪細胞は、首肩、脇下、腰回りにあります。
この部分が固くなっていると、褐色脂肪細胞の働きが悪くなるので、しっかりとほぐしておくことが必要になります。
とくに寒さを感じて肩に力が入ったり、重たいコートを着ていると首肩回りは凝りやすくなり
褐色脂肪細胞の働きが悪くなってしまいます。
冬こそ背面のこりをしっかり解消して痩せ体質を作りましょう。

代謝が上がりやすいこれからの時期こそ、しっかり代謝をアップして
痩せやすい体を作りましょう。