【体質改善】秋冬の養生

日に日に寒さが増してきますね。
寒さの深まるこの時期の養生をご紹介します。

・肌や髪が乾燥してきた
・首肩のコリがひどくなってきた
・下半身が冷えてむくんできた
・関節の痛みを感じる
・生理痛がひどい
・頻尿

こんな不調を感じている方は必見です。

 

秋から冬にかけて気をつけたいふたつの「邪気」

 

秋から冬にかけては空気が乾燥します。
髪や肌がパサついたり、口腔内が乾くように感じる人も多いのではないでしょうか。
これを「燥邪」(乾燥)とよびます。

空気が乾燥すると、気道も乾燥します。
ふだんはふんだんに潤った気道の中で、外から入ってきた異物を排除するのですが、
乾燥状態になると、そのまま肺に異物を通してしまいます。
この異物とは、ほこりや菌やウィルスのことです。
つまり気道が乾燥することで、風邪をひいたりインフルエンザ、コロナに感染しやすくなる
「燥邪」に侵された状態です

そして寒さが深まるにつれて気を付けたいもう一つの邪気が「寒邪」
寒邪とは冷たい、そして寒い。
からだに入ると内臓を冷やし、からだの巡りを悪くしてしまいます。
冬場には首肩の凝りを強く感じる方が多いですが、寒邪はぎゅっとからだを縮める性質があり、
肩こりや首コリの原因にもなります。

 

邪気から体を守る養生法

 

乾燥から体を守るため、ある程度の湿度を保つようにします。
加湿器、マスクなどを使って乾燥した空気を直接吸い込まないように気を付けます。
皮膚が乾燥してひび割れたり出血すると、そこから菌やウィルスの侵入を許してしまいます。
入浴剤やお風呂上がりの保湿ケアは念入りに行ってください。

「寒邪」は腎臓に悪い影響を与えます。
そのために頻尿などの不調が出やすいのがこれからの時期。
腎臓を養生するために必要なのは働きすぎずにしっかり休息をとること。
あまり激しい運動は控えて、ゆっくりヨガを行ったり、ラジオ体操などの軽めの運動で
体をほぐすようにしましょう。
睡眠は腎の健康にとってとても大事です。
早めに布団に入って、しっかりと睡眠時間を確保してください。
秋から冬は、外向きに成長する春夏のためにしっかりと体の中にエネルギーを蓄える時期です。
腎は体の成長や発育をコントロールする臓器で、腎が衰えると、老化が進みやすくなります。
秋冬は腎を労り、エネルギーを蓄えることが若さを保つことにつながります。

燥邪から体を守ってくれるのは「白い食材」です。
色の白い食材は肺を助け、のどや肌を乾燥から守ってくれます。
レンコンやサトイモなど秋の食材は積極的に食べるようにしましょう。
冬は特に「黒い食材」を意識してとることが、腎の養生につながります。
黒ゴマや黒豆、シイタケや昆布がお勧めです