【体質改善】お腹が冷たいと感じるのは…

お腹に触れた瞬間、お腹や腰回りの冷えに気づくことはありませんか?
お腹がなんとなく冷えている気がする。そう思う人は「内蔵型冷え性」かもしれません。
手足が冷える末端冷え症とは違い、体の内側から冷えてしまうのが「内蔵型冷え症」です。
内蔵型冷え症は手足の冷えに比べると実感しにくく気づきにくいです。
末端冷え症のように「冷たくてつらい!」という直接的なつらさはないのですが、
内臓が冷えることで体には様々な悪影響があります。

 

内臓が冷えるとこんな症状がおこります

 

内臓の冷えはなかなか自覚できません。
しかし体の中心が冷えてしまうとさまざまな機能が低下しやすくなってしまいます

血流が悪くなる
免疫力が低下する
代謝が下がる
消化、吸収機能の低下…etc

それらの結果

・肩こり、腰痛がひどい
・手足のむくみ
・顔のくすみ
・寝つき・寝起きが悪い
・肌トラブル
・お腹を下したり便秘になりやすい
・疲れやすい風邪をひきやすい
・生理痛がひどい
・痩せにくい

こんな不調が体の表面にでてきます

どうして体の中心部がひえるのか

 

体の中心部まで冷えてしまう原因。
それは内臓機能の低下と、代謝能力の低下です。

胃腸が疲労して働きが落ちると、
食べた物や飲んだものを消化吸収する力が落ちてしまいます。
消化吸収ができないと、からだのなかで熱を作る力が弱まり、
また、筋肉や皮膚など体の組織をつくる力も弱くなってしまうのです。

運動しても食事を改善して努力しても
なかなかお腹の冷えが改善しないのは、そもそもからだのなかで
筋肉や熱を作る力が落ちてしまっているからなんです

 

内臓を温めよう

 

しっかりと内臓の働きを取り戻すためには
疲弊しきった内臓をしっかり休めてあげることが大事!
からだの外から熱を与えるだけでは、一時的に温まっても
またすぐに冷えてしまいます。

内蔵をしっかり温めて休ませるためには