【体質改善】腸活ってなんだろう

このところ、かつてないほど「腸活」に注目が集まっています。
腸活という言葉を耳にしない、目にしない日はないほど。
でも、「腸活ってなに?」「結局何をしたらいいの?」
そんな疑問にお答えしていきます

 

まずは押さえて。「腸活」とは

腸活とは、腸内の環境を整えること。
腸内環境が整うと、便秘や下痢など排せつの悩みだけではなく、
免疫力を高めたり代謝を高めたり、生理痛や子宮周りの不調や
不眠などを解消し、健やかな日々を過ごせるようになることがわかってきました。

腸内環境を整えるために、注目されているのが「腸内フローラ」です。
私たちのお腹、省庁から台帳にかけては約500~1000兆個の細菌が生息しています。
その重さはなんと1.5~2キロ!!種類は約1000種類いるといわれています。
このさまざまな種類の細菌がバランスを取りながら腸内の環境を調整しています。
腸内環境はこの細菌たちに決められています。
この細菌たちがコロニーを作って住み着いている様子が、まるでお花畑のように見えることから
「腸内フローラ」と呼ばれています。
「腸活」=「腸内フローラを整える」ことでからだ全体の調子を改善していくことです。

 

では、腸内フローラがどんな状態になればよいのでしょうか。

 

理想的な腸内フローラのバランスとは「善玉菌:日和見菌:悪玉菌」=2:7:1といわれています。

・善玉菌:消化吸収を助けて腸の働きを整え、人にとって良い働きをする
・悪玉菌:腸内の腐敗を進めて体に悪影響を与える
・日和見菌:善玉菌と悪玉菌の優勢な方に味方する

あなたの腸内が健康な状態なら、善玉菌が優勢な状態となっていますが
食生活の乱れや睡眠不足、ストレスなどが原因で腸内の悪玉菌が増えると
腸内環境が乱れて体の不調の原因となります。
善玉菌の活動を活発にして悪玉菌の働きを抑えることで、
腸内フローラのバランスを保つことができます。

 

腸は「からだの土台」

 

腸には今年大注目だった「免疫力」の大本が集まっています。
免疫とは病気を防いだり、病気を治そうとしたりする働きのこと。
免疫は「外からの感染の予防」だけではなく、健康を維持し、老化と病気の予防を担っています。
人が健康に生きていくためのシステムが、免疫力です。
この免疫力の約7割は腸で作られています。

そして近年解明されてきたことですが、
脳内では様々な神経伝達物質が作られ、からだの制御をしていますが、
実はこの神経伝達物質を生産する指令を出しているのが腸であることがわかってきました。
「幸せホルモン」として注目のセロトニンという神経伝達物質は、
腸からの信号によって脳で生産されています。

腸活をすることは、からだの健康だけではなく精神的な安定も手に入れることができるのです。

 

腸活で大事なこと

腸活で大事なことは、現在の腸の状態を確認し
それをどのように変えていきたいか。
今の体の不調や、めざしたい目的によって、
何をするべきかは違います。
ただやみくもに「腸にいいと思うこと」をやっても、
実際それがあなたの状態を改善してくれることとは限りません。

本来の腸の力を取り戻すことは、からだの機能を改善するだけではありません。
最新の研究では、腸内環境は心の状態にも大きく影響することがわかってきました。

 

腸活でこんなふうに変われます。

 

腸内環境を整えることは、見た目の若返りや美肌、アレルギーや病気の改善や予防など、
健康にも美容にもメリットが多くあります。

 

エイジングケア

腸内環境を整えることで、代謝を上げ、老化スピードを遅くすることができます。
逆に言うと腸内環境が悪いと、老化は早く進みます。
お手入れをしても肌状況が改善しない、肌のたるみ、抜け毛などが気になっている
その原因はあなたの腸にあるかもしれません。

精神面の安定

脳と庁は自律神経やホルモン分泌を通してとても密な関係にあります。
これを「脳腸相関」と呼んでいます。
同じようにストレスを抱えていても、対処できる人とできない人
その差は腸の環境にあります。
腸内環境が整っていると、精神的にも安定することが明らかになってきました

 

腸活って何をするの?

 

腸活で大事なのは「睡眠」「食事」です。

 

食事

 

腸内環境を整えるために大事なのは、腸内の善玉菌を優勢にすることが大事です。
同時に常日頃働きすぎている胃腸に休息を与えることも大事になります。

そのために積極的に取ってほしいのが発酵食品です。
さらに食事の時間にも気を使ってください。

発酵食品も、味噌やお漬物などの植物性の発酵食品は
日本人の腸にはよく合い、腸内を活性化させてくれます。

 

睡眠

 

内臓の働きは、自律神経によってコントロールされています。
腸も例外ではありません。
交感神経と副交感神経がそれぞれバランスをとって優勢になることで
腸の働きをうまくコントロールしています。

現代人の生活は比較的「交感神経」が優勢になりやすくなっています。
眠っている間は副交感神経が優勢になりますが、睡眠時間が不足すると自律神経のバランスが乱れ
腸の働きが悪くなります。
最低6時間は睡眠時間を確保し、できるだけ質の良い睡眠をとれるように心がけましょう

体や心に不調を感じた時、
その原因はあなたの腸にあるかもしれません。
腸の状態はあなたがこれまでつみあげてきた生活習慣です。