【体質改善】40代からのお腹痩せ!落ちにくくなったポッコリお腹をおとす方法とは?

30代後半から40代にかけてお腹周りの脂肪が気になるようになっていた…そんな女性は多いですよね。
今回は気になる40代からのお腹周りの脂肪を落とす方法を、東京八丁堀の体質改善サロン【ホットストーンセラピーCAON】のオーナーセラピスト岡崎さおりがお伝えします。

どうして突然?!40代からお腹の脂肪がつきやすくなる原因とは

「40代になってお腹周りの脂肪が気になり始めた」
「これまではダイエットしたらすぐ痩せていたのに全然痩せない」
そんなお腹周りの変化が気になり始めるのが40代です。

40代になると、これまでやってきたダイエットや痩身法ではなかなか脂肪が落ちなくなります。
お腹周りの脂肪が落ちなくなった原因を知って、効果的に痩せましょう!

お腹周りの脂肪が落ちない原因①代謝が下がった

加齢とともに痩せにくくなった、そう感じている女性は多いですね。
20代のころは何もしなくても痩せていた、30代はちょっと頑張ったら痩せた、40代は頑張っても痩せない。
これには「代謝の低下」が大きく関係してきます。

20代までは細胞分裂も活発で、ただ寝ているだけでもエネルギーを消費しています。
代謝は20代から徐々に下がり始め、40代でがくん!と大きく下がります。

昔は痩せていたのに…そんなかたは若いころと同じ生活を続けていませんか?
加齢とともに代謝が落ちているのに同じ生活を続けていると、消費されず余ったエネルギー(カロリー)は体に蓄積されていく一方です。
そしてその脂肪は骨が少ないお腹周りにつきやすい、お腹がポッコリしてくるのです。

お腹周りの脂肪が落ちない原因①代謝が下がったのに生活が変わっていない

お腹周りの脂肪が落ちない原因②筋力低下で内臓が下垂している

お腹ってどんな場所でしょうか?
骨が少なく、胃や腸などの内臓器官が詰まっていますね。
支えてくれる骨がないため、腹筋や腹膜という薄い膜が内臓を支えています。
老化や運動不足からお腹周りの筋肉が衰えると、支えを失った内臓は全体的に下垂しておなかがぽっこりします。
下腹部だけがポッコリしている、運動して他の部分は痩せるのに下腹部だけへこまないと言う方は、内臓が下垂しているためお腹がポッコリしている可能性が高いです。

お腹周りの脂肪が落ちない原因②筋力低下で下垂した内臓が下腹部でポッコリしている。

お腹周りの脂肪が落ちない原因③ホルモンバランスの乱れで脂肪がつきやすくなる

40代から徐々に女性ホルモンエストロゲンが減少し始めます。
エストロゲンは脂肪の代謝を助けてコレステロール値をコントロールしてくれるホルモン。
エストロゲンの分泌量は18~40歳にかけて多く、個人差はありますが40歳ぐらいから減り始め、閉経後に大きく減少します。

実は女性に太り方はこのエストロゲンの分泌量に大きく左右されます。
若いころは皮下脂肪が多く、エストロゲンの減少が始まると内臓脂肪が溜まりやすくなるんです。
そのため40歳を超えるとお腹の周りに脂肪が溜まりやすくなります。
またこの時期の太り方は、閉経後の太り方にも大きく影響してきます。

お腹周りの脂肪が落ちない原因③ホルモンバランスの乱れで太り方が変わってお腹に脂肪がつきやすくなる

40代からのお腹のポッコリを改善してきれいに痩せるためには

運動をしてもカロリーを減らしてもなかなかお腹周りの脂肪が落ちない…
40代は女性の体が大きく変わり、今までのやり方ではダイエットの効果もでにくくなります。

タイトルとURLをコピーしました