【体質改善】「酸素不足」になっていませんか?

コロナ対策でマスクは私たちの生活の中で必需品になりました。
さらに外出の自粛や、日々変わっていく状況に振り回され
かつてないほど強いストレスにさらされています。
こんな状況下で気を付けてほしいのが「酸素不足」です。
気づかないうちに呼吸が浅くなり酸欠状態が続くことで
体の不調や免疫力の低下を招きます。

 

酸素不足

疲れやすい、朝起きるのもつらい、体が重い
目のかすみやめまい、頭痛…
そんな症状が続いていたら、それは酸素不足に陥っているからかもしれません。

生命維持、活動のために欠かせないエネルギーである酸素。
酸素が不足すると、内臓や脳を含めてあらゆる体内組織の機能が低下します。
そのため、疲れやすい、朝起きるのもつらい、体が重い、そんな不調を感じやすくなります。

コロナによる長期間のストレス。
強いストレスや危機を感じたとき、動物は自分自身を守るため無意識に体を丸めることが多くなります。
もちろん人間も例外ではなく、背中を丸め手足に力が入りがちになります。
また自律神経では交感神経が強く働く状態になり、呼吸が浅く早くなり、酸素の取り込み量が減ってしまいます。

しかも多くの人はマスクで口と鼻を覆っていますね。
息苦しいって感じませんか?
マスクの使用は酸素の供給不足を一層悪化させています

酸素不足はからだの様々の不調を引き起こしますが、
そのうちの一つが免疫力の低下です。
必要な酸素が供給されないことで、免疫細胞の働きは低下してしまいます。

ストレスから起きる酸素不足は、なかなか本人に自覚されません。
当サロンでも、施術後に「息ができるようになった!」「息がこんなに楽にできるなんて気づかなかった」
そんなお声を頂くことがとても多いです。
呼吸が浅い、酸素が不足している…日々じわじわと進行しているこの状態に
人は何となく適応してしまっているんですね。

 

酸素不足を解消するためには

酸素不足を解消するために必要なのは、
背中のこりをほぐすこと、内臓の動きを適正に保つことが大事になります。
背中、内臓がきちんと整っていると、横隔膜が柔らかくなり深い呼吸ができるようになります。
深い呼吸ができるようになると、からだの隅々まで酸素がいきわたり、
「気 血 水」の流れを整えることにつながります。

なにもしなくとも加齢とともに横隔膜は固くなります。
それは体のほかの部分の筋肉が衰えていくのと同様です。
しかし、近頃若い方でも横隔膜が増えています。
その要因となっているのが過大なストレス。
とくにコロナウィルスによる影響、大きなライフスタイルの変化によるストレス、将来の展望への不安など
大きなストレスを抱えている方は横隔膜が固くなりやすいのです。

普段呼吸をすることを意識していますか?
呼吸が浅くならないように意識を向けてみてください。
できれば自然の中で、肺に、次にお腹に空気をしっかり入れるイメージで
深呼吸を繰り返します。
意識しながら横隔膜をしっかり動かし、からだ中に酸素を取り込むようにしてください。

 

呼吸が浅くなったとかんじたら
→「翡翠ホットストーンセラピー+内臓セラピー」

 

 

 

 

LINE