若返りたいならなにをすべきか

若返りたい、これ以上を老化したくない。
女性ならそう思ったことがあるはず。

だいたい30~40代くらいから、「若く見える」「老けて見える」女性には差がついてきます。
久しぶりに会った同級生に
「え~こんなに老けちゃったの?」
「どうして彼女だけぜんぜん変わらないの?!」
そんなふうに驚いたことはありませんか?
そして自分はどう見られたのか、やたら気になってしまったり…

「若く見える女性」「老けて見える女性」の違いを知って「若く見える女性」になる方法もご紹介します。

 

若返りホルモンがしっかり出る人は若見えする

 

若返りホルモン=成長ホルモンは人の成長や代謝をコントロールするホルモンです。
15~20歳くらいで分泌のピークを迎え、その後は加齢とともに減少していきます。
40歳の時点でピーク時の40%くらいしか分泌されなくなってしまうんです。
成長ホルモンの分泌が減ると、血流が悪くなり、新陳代謝も低下、つまり老化してしまいます。

実際アメリカでは美容整形分野での若返り治療として、成長ホルモンの投与が行われているんです。
成長ホルモンの補充をすることで、筋肉や骨の萎縮を防いだり、肌のハリつやをを取り戻すことも可能です。

じつは、成長ホルモンは自分自身で分泌を促すことも可能なんです!

・だらだら間食をやめて空腹を感じる時間を作る
・睡眠をしっかりとる。特に夜10時~2時はしっかりと。
・筋トレをする

日常の生活の中で若返りホルモン=成長ホルモンの分泌をこまめに促していきましょう。

 

若返りたいなら全身ケア

 

若返りというとどうしても顔の引き上げ、小じわ、しみとりなどお顔のケアに注力する方も多いです。
やはり一番目につきやすいお顔を重点的にケアする女性が多いのですが、「顔だけ若い女性」っていませんよね。
むしろ顔だけ浮いて、よけいに老けて見えてしまいます。
顔が若い女性は体も体力も気持ちも充実しています。
若返り、若く見えるためにはボディとメンタルもしっかりケアしていくことが大事になってきます。

 

髪型、メイクをアップデートするだけでも若見え!

 

20代前半で似合うといわれた髪型、メイクそのままになっていませんか?
流行を追いすぎる必要はありませんが、年とともに似合う色の傾向、メイク法、髪型はどんどん変わっていきます。
「若く見える女性」と「若作り」は違いますよね。
わたしはこれが似合うから!という固定観念から抜け出すだけで若見えすることができます。
メイクや髪型、さらにお洋服も、自分に似合うものを提案してくれるコンシェルジュサービスも増えてきています。
メイクや髪型を変えてみたいけど勇気が出ない、自分に似合うものが分からないという方は、利用してみるのもお勧めです。

 

若く見える人、若々しい人は意識するしないにかかわらず、日常生活の中で若返りを実践しています。
若返りに必要なのは「今の自分自身とシッカリ向き合い見つめなおすこと」
自分自身の外面や内面の状況をしっかり把握して必要なケアを加えていくこと。
年だからしょうがない、とあきらめてしまうのはとてももったいないことですね

女性の不調を解消 ぜんぶ軽くなる!体質改善体験セラピー150分