眼精疲労の原因と対策

瞼が重い、目が痛い、かすむ、目の奥が痛む。
そんな目の疲労を感じることはありませんか?
症状が重くなると、頭の痛みや首肩のコリなどの症状も出てきます。

なかなか改善しにくい、繰り返す目の疲れの原因と対処法をご紹介します。

 

眼精疲労の原因

①目の使い過ぎ

PCやスマホの画面を長時間見続けていると、目のピント調節を行っている毛様体筋が疲労し、目の疲れを感じます。

②メガネやコンタクトレンズの度が合わない、乱視、老眼など

近視や乱視、老眼などの場合は、筋力の緊張が続いてしまいます。
同様に、メガネやコンタクトレンズの度が合わないと筋が緊張し、目が疲労します。

③自律神経の乱れによる血行不良

ストレスや睡眠不足などで自律神経が乱れると、過度に目の筋肉が緊張したり、涙の分泌量の調整がうまくいかなくなります。
その結果、目の血流が悪化したり、目の渇きから目の疲れがでてきます。

 

眼精疲労を感じた時の対処法

目の疲れをためないようにするためには

①過度に目の筋肉を緊張させない
②目に潤いを与える
③自律神経を整える

ことが大事になってきます。

メガネ、コンタクトなどで視力の矯正をしている方は、1度検査をしてみてくださいね。
PCやスマホを使う際は長時間連続せず、休憩をはさむようにします。
休憩中にホットタオルやアイマスクで目の周りを温めるとより効果的です。

室内の乾燥は疲れ目の大きな原因です。
加湿器などを使って室内の湿度を保つようにしましょう。
エアコンの風が直接あたると目が乾燥してしまうので、風の向きに気を付けましょう。
また、まばたきをすることで涙の分泌を増やすことができます。
人は通常1分間に20回程度まばたきをしています。
しかしPCやスマホを見ているときは1分間に5回程度に減ってしまいます。
まばたきの回数を改善するだけで、かなり目の乾燥度合は変わってきます。

また自律神経を整えることで、筋肉が緩みやすくなり、目が潤ってきます。
体を冷やさないこと、しっかり睡眠をとるなどで、自律神経のバランスを整えるように心がけてください