暑くなってきました。これからの時期ホットストーンセラピーは必要ですか

先日お客様からご質問をいただきました
「暑くなってきたから、そろそろホットストーンからアロマに切り替えたほうがイイかな?」
とんでもない!
実はこれからの時期こそ、ホットストーンセラピーが必要です!

①暑い夏は自律神経が乱れやすい

このところ暑い夏が続いていますね。
私が子供のころは28度で「暑い夏」でした。
いまは30度越えがあたりまえ、40度弱になることも珍しくないです
しかし室内は28度以下の冷房が…
人間が通常対応できる気温の変化はだいたい7度といわれています
それ以上の変化にはなかなか体も神経も対応しきれません
そのため、自律神経が乱れ、不眠や慢性疲労、頭痛肩こりむくみが起こるのです
ホットストーンセラピーでは乱れた自律神経をしっかり整えることができます!

②じめじめ夏はからだが水滞する

湿気の多い日本では、もともと体に水分が溜まりやすいのですが
夏場に冷たい飲み物を飲むことで、さらに水が溜まりやすくなります。
特にたまりやすいのがお腹!
人間の胃腸は台所のシンクとよく似ています。
水を流さないといけないけど、しっかり乾燥もさせないとかびや錆がでてきますね。
胃腸のカビサビをださないようなケアが必要です
ホットストーンは身体を温めるための施術と思われがちですが
その本当の目的は
①自律神経を整え
②体の気血水のながれをととのえ
③きれいな細胞の再生を促していくことです♡

猛暑の夏を快適に過ごすために
あなたに必要なものをしっかり選んでくださいね

 

関連記事

  1. 春の不調を放置しない!

  2. お腹が冷たい!!!

  3. 身体も心も癒す石の力★ホットストーントリートメント

  4. 内臓不調に効果あり!正しい白湯の作り方

  5. ホットストーンで冷えと老化をケアする

  6. 内臓が不調な時に飲むもの