骨盤は締めればいいと思ってない?

CAONの子宮セラピーでは、コースの中に骨盤矯正もはいっています
(体験コースには入っていません)

骨盤矯正というと芸能人がつかっている(?)という
骨盤を締めるガードルだったり、
骨盤を締める運動なんかもよくTVや雑誌で目にします

CAONでも下半身太りが気になるので、骨盤を締めてほしいと
お問い合わせいただくこともあります

勘違いしてほしくないのは、骨盤の傾きを治す=締めるではありません
締まりすぎている骨盤は開いて整えたり
前傾後傾右上がり左下がり、そういった傾きを整えていきます

女性の骨盤はご存知のように生理周期にあわせて開いたり閉じたりしています
一番緩むのが月経期です
ここでちゃんと開かなくて生理痛が出る方も多いです

さらに一日の間でも開閉しています
骨盤がもっともしまっているのは朝で、交感神経が優位な状態です
夜に向けて骨盤は緩んでいき、開ききった状態で眠くなります
副交感神経が優位な状態です

ガードルやベルトで締めっぱなし
骨盤が自由に開閉できない状態が続くと、緊張状態が続きます

痩せたいからと骨盤を締める体操ばかりしたり、ガードルで押さえつけている状態で
痩せたと勘違いしてしまうと、血流も阻害され、自律神経も乱れ、身体はよくない状態になります

こころもからだも骨盤も「ゆるっとした状態」が理想です

 

 

 

こころもからだもゆるっと整える

↓↓↓

ホットストーン子宮セラピー体験セッションのご案内

 

ご予約お問い合わせ

03-6886-9857

施術中は電話に出られません
メッセージを入れていただきましたら
折り返しお電話させていただきます♡

ご予約メールフォーム

LINE@からも気軽にお問い合わせください。

↓↓↓↓↓
子宮セラピーID:@rhi7403a

 

 

 

関連記事

  1. その肩こりの原因はPMSかもしれない

  2. その生理の不調、本当に「瘀血」が”原因̶…

  3. 内臓不調に効果あり!正しい白湯の作り方

  4. 今辛い生理痛 PMSを和らげる方法① 頭痛

  5. 今辛い生理痛 PMSを和らげる方法③ 眠れない 不眠

  6. 温石薬石整体

    【更年期】40代からの子宮ケア