まずます寒さが厳しくなってきましたね。
この時期にはお腹が冷えて胃や腸の働きが悪くなり、胃もたれや便秘、免疫力の低下を引き起こしやすくなります。

☆お腹は中と外から温活を!

腸は”第2の脳”といわれるほど重要な臓器です。
腸の働きが鈍ると、免疫力が低下したり、自律神経の働きが鈍ってしまいます。
お腹がポカポカ、腸の働きが整うと免疫力や自律神経が整うだけでなく、
幸せホルモンといわれるセロトニンの分泌が活発になり、リラックス効果もUPします☆

身体が冷えがちなこの季節、お腹は内と外から温めて、冬を心地よく乗り切りましょう。

☆ 外から温活

1 カイロやお灸でおなかを温める
温める場所は下腹や腰(仙骨のあたり)を温めるのがお勧めです。
腹部が温めると下半身へ流れる血流も暖かくなるので、末端冷え症に悩む方にもお勧めです。

2 入浴
入浴の際は炭酸ガス入りの入用材がお勧めです。
血流が促進され体の深部まで温め、湯上り後の温かさも長続きしますよ☆

☆中から温活

飲み物は温かいものを。
また唐辛子や生姜、シナモンなどのスパイスは身体を温める働きがあります。
あまりに辛味が強すぎると、交感神経が優位になって血管が収縮したりして身体が冷えるので、入れすぎには注意してくださいね!

StoneTherapySalonかおん
http://relax-caon.com
東京都中央区湊1丁目3-2 αスタイルビル501
03-6886-9857
LINE@ID:@rhi7403a
平日11:00~22:00(受付20:00)
土日祝11:00~20:00(受付18:00)