お腹に触れた瞬間、お腹や腰回りの冷えに気づくことはありませんか?
お腹がなんとなく冷えている気がする。そう思う人は「内蔵型冷え性」かもしれません。
手足が冷える末端冷え症とは違い、体の内側から冷えてしまうのが「内蔵型冷え症」です。

内蔵型冷え症は手足の冷えに比べると実感しにくく気づきにくいです。

末端冷え症のように「冷たくてつらい!」という直接的なつらさはないのですが、内臓が冷えることで体には様々な悪影響があります。

 

内臓が冷えるとこんな症状がおこります

  • 低体温
  • 肩こり、腰痛がひどい
  • 手足のむくみ
  • 顔のくすみ
  • 寝つき・寝起きが悪い
  • 肌トラブル
  • お腹を下したり便秘になりやすい
  • 疲れやすい
  • 風邪をひきやすい
  • 生理痛がひどい
  • 痩せにくい

内臓が冷えると…

内臓の冷えはなかなか自覚できません。
しかし体の中心が冷えてしまうとさまざまな機能が低下しやすくなってしまいます

血流が悪くなる

免疫力が低下する
基礎代謝が下がる
消化、吸収機能の低下…etc

どうして体の中心部がひえるのか

☆運動不足や加齢などによる筋力低下

☆ストレスや疲労による自律神経の乱れ

☆ダイエットや不規則な食生活によるカロリー不足

☆冷たい飲み物や食べ物の摂取

などがあげられます!

 

内臓を温めよう

内臓を温めるためには「仙骨」を温めるのがお勧めです☆
仙骨は骨盤の中央にある逆三角形の骨です。
ここにカイロを貼って温めたり、お灸などもお勧めです。
仙骨を温めることで内臓全体を温めることができます。

また内臓が冷えていると疲れやすく運動不足に陥りがちです。
そして筋肉がどんどん減り、さらに内臓が冷える悪循環に。
日常的に運動を取り入れ筋肉量を増やすことで内臓の冷えを根本的に解決しましょう。

 

 

StoneTherapySalonかおん
http://relax-caon.com
東京都中央区湊1丁目3-2 αスタイルビル501
03-6886-9857
LINE@ID:@rhi7403a
平日11:00~22:00(受付20:00)
土日祝11:00~20:00(受付18:00)