【体質改善】足裏が熱いと感じる原因と対策

夜寝るとき足裏が熱く火照って眠れない、そんな経験はありませんか?
暑く感じるので冷却シートなどで冷やしたくなりますが、
実は体の冷えが原因があることは知っていますか?

体の末端の足裏は、全身が冷えて巡りが悪くなってしまうと、表面に熱をもってしまうことがあります。

実は冷えが原因なのに足裏を冷やしてしまうと、かえって全身の冷えがすすんで
熱さが増してしまったり、何度も足裏が熱く火照るようになってしまいます。

正しい対処法を知って、巡りを改善していきましょう

 

足裏が熱くなる原因とは

足裏だけが熱く感じるのは、からだの体温調節機能がうまく働かなくなってしまったからです。
どうして体温調節機能がうまく働くなるのでしょうか。

まずはその原因をチェックします。

冷え

体全体の冷えが強いときに、足裏が熱くなることがあります。
体の中心部から冷えると、からだは末端にまで血液を送ろうとしますが、
冷えて血流が滞っていると、熱だけが足裏にたまってしまい火照っているように感じます。

血行不良

日中立ったり座っていると、からだの血液は足のほうにたまりがちになります。
動くことによって血行を促進していますが、あまり動くことがないと
血液やリンパ液が足のほうに停滞し、一番心臓から遠い足裏の熱が
停滞したまま運搬されなくなります。
その結果、夜眠るときに足裏が熱く感じることがあります

自律神経の乱れ

体温調節を司る自律神経が乱れることによって、足が異様に熱くなることがあります。

筋肉疲労

疲労がたまりすぎると、血行不良からの冷えを招き、足裏が熱く感じることがあります

 

足裏が熱いときの対策

足裏が熱く感じたときは、血行促進して体温の調節機能が働くようにサポートすることが必要です。
足裏が熱いからといって冷やしてしまうと、血管を収縮させてさらに血行不良を招いてしまいます。

お風呂、足浴

暑すぎないお風呂にしっかりと使って体を芯から温めるのはとても効果的です。

また足の血行促進にとても効果的なのが足浴です

通常の足浴よりも血行促進効果のある「温冷足浴」をご紹介します。
少し手間はかかりますが、通常の足浴と比較すると、効果の違いは歴然です。

【用意するもの】
深めのバケツや洗面器ふたつ
差し湯用のお湯
温度計

洗面器には38℃~42℃のお湯、20℃くらいの水をそれぞれ用意します

①水分補給をする
②ゆっくりと足をお湯に入れて20分程度
③足を水につけて3分程度
④再びお湯に足をいれて3~5分
※③と④を繰り返し、さいごは水で終了します
⑤途中でお湯が冷めてくるので差し湯でお湯が冷めないように

温冷足浴はちょっと面倒ですが、血行促進効果は抜群です。

 

ラジオ体操

また寝る少し前にラジオ体操をすることで、全身の血流促進にもつながります。
寝る2時間くらい前にラジオ体操をすると、入眠効果も高まります。
だいたい3分くらいでできますし、冷え、血行不良、呼吸の改善ができ
睡眠中の疲労回復にも効果的です

 

足裏が熱いと感じたとき、どうしても冷やしたくなると思います。
しかし原因が冷えや血行不良の時、冷やしてしまうことはさらに熱さや火照りを強くします。
正しい対策で、不快は早めに解消しましょう。

また、足裏が熱く感じることがあり多くある人は
全身の巡りが悪くなっています。
根本から巡り改善することで健康的な身体を作りましょう。