【ファスティング】ファスティングの効果

美容、健康を気にする方から注目されている「ファスティング」
しっかりと栄養を摂りながらのファスティングは絶食とは違います。
ファスティングで痩せる、そんなふうに思っている方も多いですが
本来のファスティングは体内のデトックス、リセットをするために行うものです。
ファスティングの効果についてお伝えします

 

【ファスティングの効果】内臓機能回復

 

現代の日本はこれまで人類が手にしたことがないくらいの飽食の時代。
わたしたちの消化器官は休むことなく働いています。

人は毎日食事としてとったものを栄養として吸収し、不要なものや老廃物は便や尿として排出していきます。
この作業は物心ついた時から当たり前のように、からだが自動で行ってくれます。

しかし、消化や吸収に負担がかからない量や内容をきちんと見極めて食事をとっていますか?

動物は自分自身の食欲に身を任せると、本能的に食べすぎになります。
食べすぎると、消化・吸収・排出という作業には多くのエネルギーが必要になります。
ところが食品添加物や大気の有害物質などを摂取する機会の多い現代人には
消化・吸収・排出に使う多くのエネルギーが不足しがちです。

そのエネルギーを補いしっかり消化・吸収・排出をするためには、
働きすぎて疲労困憊した臓器を休息させ、機能を回復させることが必要になのです。

 

【ファスティングの効果】全身の細胞デトックス

 

実は内臓が食べ物を消化・吸収するという行為には
とてもたくさんのエネルギーと栄養素が消費されます。
消化・吸収にたくさんのエネルギーや栄養素を使うということは
からだの代謝や排出するためのエネルギーや栄養素がそのぶん減るということです。

からだのなかで、本来なら日々新しく生まれかわるはずの細胞が
エネルギーや栄養不足で生まれ変わることができなくなってしまうと
体の中に老廃物がどんどんたまっていきます。

ファスティングで一定期間消化器官を休ませ、必要な栄養素を摂ることで
いつも消化・吸収で浪費されているエネルギーや栄養素を
ぜんぶ代謝に使うことで、全身の老廃物をしっかり排出することができます。

ファスティングとは食べないことで痩せるのではなく
必要な栄養素を摂りながら内蔵を休ませることで
貯めこんでいた老廃物や不要物を全部排出することなのです。

 

ファスティングは継続が大事

 

ファスティングの方法にもよりますが、
長い期間続けることを目標にしている方もいらっしゃいますが
だいたい72時間連続のファスティングで体のデトックスはいったん完了します。

しかし、体の中には日々食べ物が入ってきて、老廃物も溜まっていきます。

3ヵ月に一回、4ヵ月に一回など、ペースを決めてファスティングをすることで
定期的に内臓を休め、結果的に全身の細胞からデトックスすることができます。

痩せにくくなった、便秘がち、肌荒れが治らない、体が冷える、疲労が抜けない
体に不調を感じていらっしゃるなら、ぜひファスティングを取り入れてみてください。

今抱えているさまざまなお悩みを根本から解決することができるかもしれません。